個人運営のサイトのアクセスはもう上がらないかもしれない

あなたのブログ、アクセス数下がっていませんか?

もし下がっているなら、もしかしたら、もうアクセスなんてそうそう上がらないかもしれませんよ。

どんなにSEO対策しても、これからはもう検索順位が上がらないかもしれません。

検索順位が上がらなければ、当然アクセスも上がりませんね。

残念ですが、時代はもう変わってしまったのです。

検索結果のルールが変わった

世界中のほとんどの人が使う代表的な検索エンジンであるGoogleは、使い勝手を向上するために、より正確な検索結果を表示させるために、日々改善を続けています。

この改善のため、Googleでは検索順位を決定するルール(アルゴリズムというみたいです)を、年に数回程度の頻度で変更(アップデートというみたいです)しています。

信頼性の乏しい情報や無価値な情報(スパム)は検索結果から排除し、よりユーザーの欲しい情報を検索結果の上位に表示させるためです。

これって、一見すごく良い話に聞こえます。

ユーザーである私達にとっても、使い勝手のよい検索エンジンは大歓迎です。

しかし今、個人運営のWebサイトがこの影響をモロに被りつつあります。

個人運営サイトの検索順位はもう上がらない

個人運営のブログやサイトはことごとく検索結果の上位表示から下位へと追いやられていっているのです。(もちろんそうでないサイトもまだまだたくさんあります。)

いったいどんなことが起きているのでしょうか?

たとえば、個人運営のサイトと大手企業運営のふたつのサイトがあるとします。

そして、これらふたつのサイトにあるのは、同じような情報だとします。

では果たして、どちらのサイトが上位に表示されるでしょうか?

答えは、大手企業の運営サイトです。

Googleの検索アルゴリズムの変更により、個人サイトよりも大手企業運営のサイトがより上位に表示されるようになりました。

ちなみに個人運営のサイトは、より下位(マニアックな人しか見ないような、ずいぶんと下の方の順番)に落とされるようになってしまいました。

それまで順調にアクセスを伸ばしていた個人サイトは、この検索アルゴリズムアップデートで一夜にしてアクセスを失ってしまったのです。

おお、なんと哀れなんでしょう。

なぜこんなことになってしまっているのでしょうか?

上位表示されるのは、満足度の高いサイト

大手企業の言っていることだから、間違いないだろう

それは、情報の正確性を担保しているのは誰か?ということを考えれば、自ずと明らかになります。

たとえば、個人の書いた情報と大手企業が発信する情報を比べた際、多くの人が納得するのは、どっちの情報でしょうか。

個人差はありますが、多くの人が納得するのは大手企業の情報です。

もちろん情報リテラシーがあり、判断力のある人なら、大手企業の情報でも間違っていることも多くあり、個人の発信する情報がより正確で真実を捉えていることが往々にしてある、ということが各自で判断できます。

また、自分で正しい情報を判断するために様々な情報ソースを当たることに労力を惜しみません。

でも大多数の人はそのようなスキルに乏しいため、大手企業の情報で満足するのです。

あの大手企業が言っているのだから、間違いないだろう。というわけです。

そうであるならば、個人サイトを上位に持ってくるより、みんなが納得しやすい大手企業のサイトを上位に表示したほうがユーザーの満足度は高くなります。

ユーザーの満足度が高くなるなら、Googleだって多くの人が納得するサイトを上位に表示したいと考えます。

とても合理的な話ではないでしょうか。当然な話だと思います。

まだ納得できませんか?

それなら、逆に考えてみましょう。

この情報、本当なのかなあ?

先程の話の流れで、大手企業のサイトより個人のサイトの方をより上位に持ってきたとしましょう。

多くの人は、こんなどこの馬の骨かわからないのが書いた情報なんて当てにできないと考えるのではないでしょうか。

だから、いろんなサイトを見比べて様々情報を比較検討します。「ほんとかなあ」なんて思いながら。

言ってみれば、これは大変な手間でもあるわけです。複数のサイトを横断して見て文字を読まなければならず、時間も労力もかかります。

それでいろんなサイトを見比べていったあげく、下の方に大手企業のサイトを見つけます。

誰もが知っている大手企業のサイトです。デザインもしっかりしていて、プロのライターが記事を書いていて、論点も明確です。挿絵もわかりやすいです。

それで結局は、そのページの情報に満足するのです。

それだったら、最初から大手企業のサイトを上位表示すれば、いろんなサイトを見比べる必要はありません。

大手企業のサイト一回見ればそれで満足するからです。

ユーザーが満足すれば、Googleも満足です。だからこそ、Googleは個人サイトより大手企業運営のサイトを上位にもってきたいと考えているのでは無いでしょうか。

もちろん大手企業の情報は、個人のサイトよりも大雑把で面白みがありません。それでも、多くの人が望んでいるのはすぐに納得できる情報です。多くの人は、面白さや情報の幅よりも、すぐに納得できる答えが欲しいのです。

大手は細かい分析を行い、改善につなげることができる

大手のサイトがなぜ検索順位が高いのか?

もうひとつの答えとしては、大手企業では、やはり徹底した数値による分析を行い、頻繁に改善を行い、数値に基づくコンテンツを発信している点にあると言えるでしょう。

大手企業は、高額な有料ツールを使うことができるし、専門的な経験を持つマーケッターや技術者を雇うことができます。最新の情報を入手し、業界動向にも敏感です。

そして、しかるべく担当者が数値を毎日把握し、しかるべく担当者に改善を指示しています。このサイクルが組織としてうまく回っています。こうすればうまくいくというノウハウもどんどん蓄積しています。

対して個人のサイトはどうかというと、ほとんどが書いたら書きっぱなしです。

サイトの数値を見るとしてもなにを見て良いかわかりません。そして数値を見たとしても、どうやって改善したらよいかわからないのが現状です。

数値を見るタイミングとしても、アドセンスやアフィリエイトの収益が下がってきたから、おかしいからGoogle Analyticsを開くといった不定期での数値チェック。

改善方法もよくわからない。ネットで情報を漁るけど、その情報が果たして自身にサイトにうまく適用できるかどうかは、神のみぞ知るというところです。その情報どおりにやったとしても、うまく改善にはつながらないというのがほとんどです。

それに第一、すべて一人でやらなないといけないので、細かく数値を分析する時間が取れない問題があります。

大手企業では、優秀な頭脳が分析し、問題点を指摘し、専門情報や蓄積したノウハウを駆使し改善して、確実に成果につなげています。それも「定期的」に。

個人運営は、たまに数値を分析し、なにが問題かわからず、素人の勘や他人の話をうのみにして失敗しています。

結果として、どちらがクオリティの高いサイトができるでしょうか?

これからも順位を落とし続ける個人運営サイト

これが今起こっていることです。

そして、もう元には戻りません。不可逆です。非常に残念ですが。

Googleは検索結果の品質に磨きをかけ、さらにみんなに使ってもらおうと考えています。

だから、この検索アルゴリズムの変更は、検索エンジンが存在する限り、ずっと続きます。

個人サイトはこれからも順位を下げ続けてていくでしょう。

時代は変わってしまったのです。

これまでと同じようなスタイルで運営していっても、アクセスはもう増えていかないでしょう。

杓子定規なSEO対策など持ってのほか。

まずは、正々堂々とコンテンツの質と量で勝負する他はありません。

それができないうちは、あれこれとSEO対策とかあれこれいじっても、何も変わらないでしょう。

順位がちょっと上がっても、またちょっとすればすぐに順位は下がります。

無限地獄のようです。

アドセンス・アフィリエイトで食える時代は終わった

続きを見る

まずは、複数のサイト管理ツールを構築しよう

ブログやWEBサイトの運営・管理システムを構築するための土台となる、サイト管理データベースを作成してみませんか?

このブログでは、ファイルメーカーを使って、基本的なサイト管理データベースを作る方法を紹介しています。

この動画では、必要最低限のフィールドに絞っていますので、誰でも簡単にサイト管理の基本的なシステムを構築することができます。

一度このシステムを作ってしまえば、後から好きな項目を自由に追加できるようになります。

また、将来的にアクセス管理や記事管理などといった拡張にも対応できるような設計なので、これから複数サイト管理をしていきたい方にも最適です。

プログラミングの知識は不要です。初心者でも簡単に構築できます。

オススメ
初心者OK!複数ブログの運営ツールをゼロから作ろう!

続きを見る

  • この記事を書いた人
broccoli_nobita

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 複数ブログ運営講座