2020年以降、ブログ運営者は収益構造を見直すべき理由

こちらのページで、ブログで個人が簡単に稼げる時代の終わりが始まったと書きました。

はっきり言って、今の状況、すべて個人サイトに不利なように見えます。

このまま行くと、個人でブログ運営している人は、どんどんジリ貧になっていくんじゃないでしょうか。すごい悲観的な見方かも知れませんけど。

コロナ不況が回復して、広告出稿量が増えたとしても、これまで以上にドーンと稼げることはもう無い感じがします。

構造的な変化なので、もう昔のように簡単に稼げる時代は終わったのかなあと思います。

それで、賢い人たちはみんな先行してYoutubeに行っちゃったというもあるんですよね。御存知の通り、今はもうYoutubeは超ホットな激戦区になってます。今更参戦しても、よほどコンテンツに自信がなければ、誰も観てくれないでしょうね。

アドセンス・アフィリエイトで食える時代は終わった

とっても残念なお知らせです。 どうやら、これまでのように個人がブログ書いて、ブログの広告費(アドセンスやアフィリエイト)で生活していく時代は終焉に向かいつつあります。 とっても残念ですが、ゲームのルー ...

続きを見る

じゃあ、取り残された人たちはどうしたら良いのでしょうか。

打つ手は一つあります。

それは、これまでのやり方、つまり、いち早く広告依存型から脱却すること。

とってもアドセンスやアフィリエイトを捨て去れ!と言うんじゃないんです。

アドセンスやアフィリエイトといった広告依存型の収益構造はそのまま持ちつつ、自分の商品を開発し、顧客への直接販売を収益の柱にするスタイルに変換するのです。

結局広告に依存している限り、グーグルや世の中の動向(景気とか)に翻弄されるだけなんですよね。

それはまるで、道に転がっているレジ袋みたいなもんです。南の風が吹けば飛ばされ、北からの風が吹けば飛ばされる。

それよりも自分の行きたいところに行けるように、変なところに飛ばされないように、しっかり自分のエンジンを持ちましょう、という話です。

広告依存型ビジネスは低迷する

そもそも、なんでこんな事になっちゃったんでしょう?

ネットのルールが変わった背景をざっくりまとめてみました。

コンテンツの多様化

いままではネットというと、文字で構成されたテキストサイトが中心でした。

でも今は、動画やSNSといった選択肢が増えました。テキストサイトはワンオブゼムにしか過ぎないんです。

ということは、ブログを見に来てくれる人の絶対数が減ってきているということです。ブログだけでは心もとない感じになってきています。

スマホの普及

画面が小さいので、指でスクロールするのもなかなかめんどくさいし、検索結果で上位1~3位ぐらいしかクリックしなくなっています。

通勤時や外出先で検索することも多く、時間がないので、すぐに答えが欲しいです。

自分の欲しい情報が確実に得られるサイトをクリックしたいんです。変なサイトをクリックして、時間を取られたくありませんからね。

誰が発信しているかわからない個人サイトより大手サイトの方が、間違いが少ないから、個人サイトよりも有名な大手サイトの方を選んでクリックします。

コンテンツマーケティングの流行

コンテンマーケティングが流行して、大手企業がブログやりだしました。(最近はコロナの影響で、大手企業もYoutubeやりだしましたね。)

こうなると個人サイトと情報がバッティングすることも多くなります。すると、個人サイトの読者が確実に奪われることになります。

情報がバッティングしていると、どうなるか。

みんな有名な大手サイトを見に行きます。大手だからという理由でなんとなく情報も信頼できるし、サイトのデザインもきれいだし、ライターがしっかり文章を書いているから、テキストも読みやすいです。

みんな大手サイトをクリックするから、グーグルからの評価も高くなるので、検索結果も上位に表示されるようになります。

グーグルの企業努力検索品質にさらに磨きをかける

グーグルは、みんなが検索結果に満足できるように、検索品質に常に磨きをかけています。

定期的に検索ルールを改善して、読みにくいサイト、表示に時間のかかるサイトは淘汰される傾向にあります。

改善にお金をかけられる大手サイトは、さらにサイト品質を高めることができるので有利です。

対して個人サイトは、そもそも技術的な知識や経験が不足し、また十分な資金もかけられず、時間的な制約もあるので、問題があってもどうやって対処していいかわかりません。

例えば、サイトの表示速度が遅いとグーグルから指摘されても、技術的な問題がからむので、個人ではどうやって対処していいのかわからないのです。

この結果、大手サイトと個人サイトの品質の差が拡大していきます。

グーグルは、高い品質を上位に表示したいので、さらに個人サイトより大手サイトが上位に表示されるようになります。

そして個人サイトは、アクセスが減り、広告収入が減ることになるのです。

さらに新型コロナで広告単価が下がっているので、ダブルパンチを食らってノックアウト寸前な感じです。

ITPの影響

Safariがサイトトラッキングを抑止するいわゆるITPをスタートし、この影響はアフィリエイトにも及んでいます。

トラッキング抑止に関しては、他のブラウザも追随していく傾向にあるので、これまでのようにアフィリエイトでは稼げなくなってきています。

アフィリエイトプログラムを配信するASPは、ITPに対応しているとうたってはいますが、私が運営している複数のサイトの実績を見ると、従来のようには発生していないです。(私の運営サイトがダメダメなのかもしれないですけど)

新型コロナの影響

新型コロナ不況で倒産する企業も増え、広告費が大幅に削減されました。

その結果、ネットでの広告収入が激減しています。

つまり、アドセンスもアフィリエイトも大きな影響が及んでいます。それにアフィリエイトはITPのダブルパンチもあります。

検索順位低下でアクセスが下がり、もともとアドセンスも下がっているところにさらに広告収入が減るから、トリプルパンチといった状況です。

元には戻らない

これらの変化は、もう元には戻らないでしょう。

テキストサイトより動画の方が楽しいですし、消費者の声を直接吸い上げることのできるコンテンツマーケティングは企業にとって有用です。

グーグルが検索品質を下げることもないでしょうし、みんながスマホを手放すなんてことも考えられません。

ITPもこれからは、抜け道がどんどん塞がれる方向に向かっていくはずです。

明るい希望があるとすれば、新型コロナの流行がおさまって景気がよくなり広告費も増えだすということぐらいでしょうか。でもそうなるには、まだ何年も掛かりそうです。

ということで、これまでのやり方では、個人サイトの勝ち目がとうとう無くなってきたということです。

個人運営のサイトのアクセスはもう上がらないかもしれない

あなたのブログ、アクセス数下がっていませんか? もし下がっているなら、もしかしたら、もうアクセスなんてそうそう上がらないかもしれませんよ。 どんなにSEO対策しても、これからはもう検索順位が上がらない ...

続きを見る

収益構造を変える必要性

じゃあ、ジリ貧になっている個人サイトは今後どうしたら良いのでしょうか。

撤退するしかない?

そうかも知れません。撤退も賢いやり方かも知れません。

でも、これからもなんとかネットで稼いで行きたい!という人はどうしたら良いのでしょうか。

私の考えはこうです。

まずは、振り出しに戻りましょう。ゼロからやり直しです。

今までのセオリーは、良いコンテンツを書いて、アドセンスやアフィリエイトなどの広告で稼ぎまくるというパターンでした。

広告収入プラスアルファの時代

これからは、広告収入にプラスして、独自商品を販売する時代です。

ブログの読者に直接モノやサービスを販売しないとやっていけない時代に入ってきていると思います。

でもこれってなかなか難しいんです。

ブログで売るっていっても、何も思いつかないじゃないですか。

Tシャツ? しおり? トートバッグ? そんなの売れるの? って感じですよね。

ブログで売れるものって、簡単には思いつきませんよ。

だからこそ、簡単に稼げる広告にこれまで頼ってきたんですから。

それに大手サイトと競合するようなコンテンツであれば、アクセスは稼げません。

アクセスを稼がないと、いくら独自商品を販売してもだれも買ってくれませんから、コンテンツは「超」がつくくらいにオンリーワンでいかないとまずいでしょうね。大手とは競合しないことにすることです。

いつまでも広告に頼っているだけでは、どんどんジリ貧になるばかりですからね。

ネットは現実社会と同じ

インターネットが誕生して(どの地点で誕生したか定義は様々ですが)、2019年でだいたい30年になります。

この間インターネットの概念そのものは変わりませんが、人間の使い方が変わりました。

インターネットが誕生したてのころは、まだ個人が夢が持てる時代でした。個人と大企業がフラットな位置に立てることに夢を見れる時代でした。

個人が自分の意見を自由に堂々と発信できる場所でもありました。個人の持つ力を拡張できる時代でもあったのです。

しかし、今はもうそのような夢を見れる時代ではなくなりました。

インターネットに存在していた金鉱はあらかた掘り尽くされ、残った金鉱を大きな企業が囲い込む時代になったのです。

もう個人がしゃしゃり出てきて活躍できる時代ではなくなりました。

でもチャンスがゼロになったわけではありません。

ネットも現実もビジネスチャンスはたくさんある

現実社会には、たくさんのビジネスチャンスが転がっています。それと同じというように考えれば良いと思います。

今やネットも現実社会も大きな違いはないんですから。

これまでのやり方では成り立たなくなってきた、というだけの話です。現実でもそういう話はいっぱいありますからね。(貸本屋、紙芝居、写真の現像のお店などなど)

だからもし、それでもネットで仕事をしたいのであれば、まだまだチャンスはあると考えて、いち早く広告依存の構図から抜け出すべきです。

私はそう考えます。(と言っても、まだ抜けられていないんですけどね・・・・・・・・・。)

広告で稼げる時代は終わりました。(Youtubeだって、そのうちどうなるかわかりませんよ。)

もう、元には戻らないでしょう。

じゃあ、どうする?って言う話は、こちら↓

コロナ以降のブログ運営

これまでは個人でもブログを運営してアドセンスやアフィリエイトからの収入で、稼ぐことはできました。 ある程度真剣にやれば月5万は楽にクリアでき、15万や20万に到達するのも決して不可能ではありませんでし ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
broccoli_nobita

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 週刊ダディ・レポート