アドセンス・アフィリエイトで食える時代は終わった

とっても残念なお知らせです。

どうやら、これまでのように個人がブログ書いて、ブログの広告費(アドセンスやアフィリエイト)で生活していく時代は終焉に向かいつつあります。

とっても残念ですが、ゲームのルールが変わってしまいました。

広告収入に依存しているブロガーは、これから収益減を増やさないと淘汰される運命にあると推測します。そして同じく広告依存型のユーチューバーも、遅かれ早かれ同じ運命をたどると考えます。

もはやこれまでのように、よいコンテンツを書きさえすれば自然に収入が増える、なんていうことは一切通用しなくなりました。

ブログ飯の時代は終わりました。

これからは個人でブログ書いても、ほんのちょっとの収益しか稼げません。アフィリエイトもどんどん不安定化していくでしょう。

本気でブログで稼いでいきたい人にとっては、これから無料で情報を公開するのが虚しくなるぐらい、広告では稼げなくなります。

これから私なりの理由を述べます。

ちなみにこれは私個人の考えですので、間違っている可能性も十分あります。あしからずご了承ください。

個人ブログのアクセス低迷の固定化

同じ情報が載っている大手サイトと個人サイトを比較した場合、どちらが品質の高いサイトを生み出せると思いますか?

答えは明白。大手サイトの方です。

理由は大きくふたつあります。

1つ目は信用の問題。

誰が書いたかわからない個人が発信する情報よりも、有名な大手サイトが発信する情報の方をみんな信頼します。

大手サイトが言っていることだから、間違いないと思うからです。大手サイトなら、発信内容にきちんと責任を持っている、と信用しているのです。

だから、グーグルの検索結果に大手サイトと個人サイトが表示されていた場合、みんなは個人サイトより大手サイトの方を多くクリックします。

グーグルとしては、クリックの少ない個人サイトより、クリックが多くて人気のある大手のサイトを上位にランクしたいと考えるはずです。

もうひとつの理由は、品質の問題。

大手サイトはキメの細かい分析と改善を定期的に行っています。

対して個人サイトは、書いたら書きっぱなしのところがほとんどです。誤字脱字が多いのは、圧倒的に個人サイトです。論旨の展開も素人丸出しです。(私もそうですが)

大手サイトは、専門ライターが書き、プロのデザイナーがデザインしています。個人サイトは素人が思ったことを書き、テンプレートの範囲内の素人っぽいデザイン。

どちらがサイトの品質が高いかは明らかです。

個人より大手サイトの方が、品質も信頼も優れています。

だからこそ検索結果の満足度を高めたいグーグルは、大手サイトを優遇します。

結果、個人サイトはアクセス低迷が続くことになります。

しかもアクセスが低迷しても改善する方策が乏しいので、新規記事を書き続ける自転車操業をつづけるか、気力が途切れれば閉鎖ということになります。

さらにアクセスが低迷した個人サイトを痛めつけるのが、コロナの影響による広告単価の減少です。

個人運営のサイトのアクセスはもう上がらないかもしれない

あなたのブログ、アクセス数下がっていませんか? もし下がっているなら、もしかしたら、もうアクセスなんてそうそう上がらないかもしれませんよ。 どんなにSEO対策しても、これからはもう検索順位が上がらない ...

続きを見る

広告収入だけでは稼げなくなる

新型コロナによる不景気

新型コロナの影響で世界的な不況になりつつあります。

不景気になると大打撃を受けるのが、広告業界。

広告費予算を削減する企業が多くなりますし、経営破たんする企業も多くなります。

当然アドセンスの収益も減ります。これまでアドセンス頼みだった個人サイトは、確実に収入が減ることになります。

また、アクセスが低迷しているので、アクセス数に連動するアドセンス収入はさらに下がるという構図にハマりやすいのです。

ITPでアフィリエイト大打撃

アドセンスがだめなら、アフィリエイトがあるじゃないか!

ところが、アフィリエイトにも暗い未来しかありません。

ITPの影響で、アフィリエイト収益も大打撃を食らっています。せっかくアフィリエイトリンクで売上があがっても、うまく計測されないのです。

こうなると、個人サイトはただで商品やサービスを宣伝しているようなものです。

アフィエイトのプロバイダは、うまいことITP対策をやっていると言っていますが、それが本当かどうかはよくわかりません。

私が運営しているサイトの実績を分析すると、ほとんどがボランティアで企業の商品宣伝をしているようです。

今のところはSAFARIブラウザだけと言っていますが、遅かれ早かれ他のブラウザも追随するはずです。

アドセンスもアフィリエイトも中抜きされている

アドセンスもアフィリエイトも、広告を出す企業と広告を載せるサイトの間に、広告を仲介する企業がはいっています。

アドセンスならグーグルだし、アフィリエイトならASP。

ということは、いくら広告を載せても全部を個人サイトが受け取るのではなく、何割かを上記企業に中抜きされているんです。

そして、中抜きされる割合がいくらかなのかは公表されていません。

いくらがんばってコンテンツを書いても、結局はグーグルやASPがごっそり持っていきます。

ということは、グーグルやASPを儲けさせてやっているようなものです。そして、ITPの影響で、ただで商品の宣伝をしているわけです。

個人サイトの運営者は、とても「良い人」ですね。

個人では太刀打ちできないほど、技術的なハードルが上がる

インターネットはそもそも技術の塊だから、インターネットに参加するためには技術が必要、ということは理解できます。

でも技術進歩というか要求される技術が多すぎて、おじさんにはついていけないんです。

技術がなければサイトスピードを上げられない

検索順位を決定するグーグルのアルゴリズムですが、さらに技術的な要求水準が上がっています。

たとえば、低速なページはどんどん検索順位を下げられています。

検索順位が下がったので慌てて高速化しようにも、技術的な知識が無いとどうやってよいかわからないんです。

対策しようにも最初からお手上げなんです。

一応、Page Speed Insightというページ速度計測ツールは無料で使えます。

でも、これが原因で遅くなってますみたいのが一応書いてあるんですが、じゃあ実際どうすれば良いのかがわからないんですよ。

修正のヒントとかいうリンクの先は、英語のページになっていたり、理解不能な専門用語オンパレードのページに飛ばされて、うやむやになります。

初心者でもわかるように、親切丁寧に解説してくれているわけではありません。

技術力のない個人はどんどん取り残される運命にあるのです。(もしくはSEO会社のお客さんになるか)

また、大きな矛盾も生じています。

たとえば、アドセンス貼ると、サイト速度は遅くなリます。

サイト速度が遅くなれば、検索順位さらに落ちます。

検索順位が落ちれば、アドセンス収益もさらに下がるという悪循環に陥るのです。

でもアドセンスに依存していれば、アドセンスは外せません。

個人ではどうしたらよいかわからない。悪夢です。

ネットでだれか対処方法をわかりやすく解説してくれているのでは?と思いますよね。

でも、ネットで対処方法を検索して、そのとおり真似しても、うまくいかないのがデフォルト(当たり前)。

むしろ悪化することの方が多い。

そりゃそうです。その対処方法の書いてあるページの速度は、自分のサイトより遅いんですから。

それに、プログラマーみたいな人が書いた技術ブログ読んでもさっぱり理解できません。

そういう人は、そもそも初心者を相手に書いていませんからね。

同じようなレベルの専門家を相手に発信しているんです。私のような素人は相手にしていないんですよね。

仮に初心者用に書かれたサイトが見つかっても、導入部分しか書かれていなかったりします。

「そんなのもうわかってるっちゅーねん」です。

その先のつっこんだ情報を素人でもわかるように教えて欲しいと思ってるんですけど、だれでもわかるような情報を初心者向けと称して紹介しているんですね。アクセス稼ぎなんでしょうか?

でもその人も、結局深い理解ができていないから、誰でもわかる導入部分しか発信できなかったのかもしれません。

さらに悪化するようにがんばっている

それから今後は、コアウエブバイタルとかいう概念が組み込まれるそうです。

要は、早くページが読み込まれて、読者が読みたい情報がすぐに見れて、レイ

アウトも崩れないというような、サイトが検索結果の上位になる仕組みです。

一見、読者にとって有益なようにも理解できます。ネットに詳しい評論家も諸手を挙げて、スゴイ!凄い!と称賛しています。

でも、本当にそうなんでしょうか。

実際コアウエブバイタルが良くないと言われても、どうやって修正したらよいかさっぱりわかりません。

ワードプレスでブログ書いている人に技術的情報がどうのこうの言われても、簡単に修正できないんですよね。

ワードプレスのテーマを修正するには、やはり技術が必要なんです。技術のない人はプラグインに頼るしかなくなります。

そしてプラグインを入れると、当然サイトの速度は落ちます。サイトの速度を上げたいとがんばって、結果的にサイト速度を遅くしているんです。

こうなると、なにをやっているかわかりません。ギャグの世界です。

これまでのやり方は通用しない

いくら良いコンテンツを書いても、グーグルの検索順位は上がりません。

個人の誰だかわからない文章を読むより、大手企業のブログを読んだほうがデザインきれいだし、プロのライターが書いていて文章もわかりやすいです。大手サイトの方が個人より信用できます。

グーグルの検索順位が上がらないということは、アクセスも上がりません。

アクセスが上がらなければ、広告収入も増えないということです。

しかもいくら広告を貼っても、広告出稿する企業がコロナで不景気。広告単価も増えないという状態です。

そしてITPの影響でアフィリエイトは、うまく計測されず、紹介するだけ損の状態になっています。

真面目に自分の経験とか考えを発信することで収益を増やしたいと考える人からすれば、虚しくなることばかり起きつつあるのです。

アクセス上げようと必死でSEO対策しても、技術的なことは個人の素人にはとうてい太刀打ちできません。

大手企業なら、SEO対策に大金をつぎこめるかもしれませんが、そこまで個人にはできませんよ。だからここでも個人は大手にはかなわない。

どう考えても、広告収益型の個人発信のブログはいまのままではとうていやっていけないのです。

牧歌的でユートピア的で、これまで個人で稼いでいく夢を見せてくれた「ブログ飯」の時代は終わりを告げようとしています。

さようなら。

でも、それだけだと味気ない。

もう後に引けない人もたくさんいるでしょう。(私もそうです)

それでもなんとか個人で稼ぎたいと考えるなら、いち早く広告依存型から脱却することです。

とは言ってもすぐにはそんなの思いつかないし、やろうと思ってもなかなか難しいことも確かです。

そういう場合は、複数サイトを運用していくことで収益を少しずつかさ上げしていくのも手です。この場合は、いかに効率よくサイト分析するかがキーになります。

ネットで安定して稼ぐなら、複数サイトを所有すべき理由

ブログやサイトメディア運営で収入を安定させるには、どうしたら良いでしょうか? 一番手っ取り早い方法は、複数サイト運営です。 Aというテーマを扱うサイト、Bというテーマを扱うサイトというように、それぞれ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
broccoli_nobita

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 週刊ダディ・レポート