コロナ以降のブログ運営

これまでは個人でもブログを運営してアドセンスやアフィリエイトからの収入で、稼ぐことはできました。

ある程度真剣にやれば月5万は楽にクリアでき、15万や20万に到達するのも決して不可能ではありませんでした。

アフィリエイトだけで年収ウン千万という人もザラにいました。

ブログでメシを食える時代だったんです。

でも、2020年以降はそううまくいかないでしょう。

ネットのルールと現実社会のルールがガラッと変わったからです。

アドセンス・アフィリエイトで食える時代は終わった

とっても残念なお知らせです。 どうやら、これまでのように個人がブログ書いて、ブログの広告費(アドセンスやアフィリエイト)で生活していく時代は終焉に向かいつつあります。 とっても残念ですが、ゲームのルー ...

続きを見る

アドセンスとアフィリエイトという2大広告収入だけでは稼げない時代が、とうとうやってきたのです。

しかし、だからといって、ブログを止める気はサラサラありません。

個人でサイトを運営して稼ぐことが何よりも好きだからです。

歯を食いしばってでもしがみつこうと思います。

2020年以降の大激変のネット社会を生き抜くにはどうしたら良いのでしょうか?

アフターコロナ(withコロナ)のブログ運営方法を考えてみました。

2020年以降は広告依存型のブログ運営は稼げなくなる

兆候はもっと古くからありました。LINEとかTwitter、Youtubeが盛り上がってきた頃。

今から考えると、敏感な人はとっくに気づいていろいろ対処していたように思います。

しかし、私を含めてほとんどの人は、いかにアクセスを高めてアドセンスとアフィリエイトで稼ぐか、ということを一生懸命考えていたんです。愚かにも。

それで、「あれ?なんか今まで違うぞ」という事に気づいたのが、2019年3月のグーグルコアアップデート前後ぐらいから。

順調にアクセスを伸ばしていたサイトが急に過疎化したり、これまで右肩上がりでアフィリエイト収益を伸ばしてきたのに、ぱったり無くなくなったり。

そういうことがだんだん顕著になってきました。

「おかしいなー。でもグーグルのガイドラインに従って改善すれば、きっと良くなる。」

そう考えて、品質の高い記事さえ書いていけばグーグルも評価してくれ、いずれアクセスも復活するだろうと、コツコツ更新してきました。

しかし、現実はそうではないということにとうとう気づいたのが、2020年に入ってから。

これまでのITPの影響に加え、2020年に入ってからのコロナ不況による広告収入減と、2020年5月のグーグルのコアアップデートです。

これまではITPの影響でアフィリエイトは難しくなったなーぐらいに思っていたんですが、とうとうアドセンスも稼げなくなってきたのです。

これまでは個人運営のサイトでも、大手のサイトと互角に戦うことができました。10ページぐらいのマイクロブログでも月1万円ぐらいは楽に稼ぐことができてました。

しかし2020年以降は、個人サイトはかなり差別化しないと大手サイトと戦うことはできなくなりました。

グーグルのコアアップデートの影響をモロに受けたサイトは、アクセスが上がらないので、アドセンスももう稼げません。しかもコロナ不況で企業は広告費を削減しているんです。

アクセス自体が下がっていて、広告単価や広告数も減っているのにどうやって収入を増やせばよいのでしょうか?

アフィリエイトも無理。アドセンスも無理。

個人サイトにとっては、収益源が絶たれたといっても良い状況になってきました。

広告で稼ぐタイプのブログ運営は、リスクは少ないが裏がある

好きなことをやってお金を稼ごう! 今や個人でも情報を発信することで生活することができるようになった。 というようなことが、特にネット上ではよく言われています。 確かにそれは当たっています。 「やりよう ...

続きを見る

コロナ以降のブログ運営ポイント

まあ、いつまでも嘆いていても始まりません。

誰も助けてなんかくれませんからね。

かと言って、サイト運営自体をやめるなんてことは考えたくない。この仕事、大好きだから。

だから、一歩前に進むために何をするべきかを考えてみることにしました。

ポイント

  1. 既存サイトの整理(カネだけのサイトは整理する)
  2. 超オンリーワンのコンテンツを3サイトほどに絞る
  3. アフィリエイトはほどほどに
  4. アドセンスするならAMP
  5. 自前商品の開発&販売

いろいろ考えてみたところ、ポイントは5つほどありました。

既存サイトの整理(カネだけのサイトは整理する)

まずは既存サイトの整理に手を付けることです。

不採算のサイトは容赦なく閉鎖です。

サーチコンソールのクリック数が右肩下がりだったり、アクセス低迷が長期固定化しているようなサイトは思い切って閉鎖します。

同時に、カネだけが目的のサイトも閉鎖をおすすめします。

なぜなら、カネだけが目的のサイトは、今後検索順位が落ちていくと予想されます。

そういったサイトにかける情熱とか熱量がどうしても小さくなりがちだからです。更新もそんなに頻繁にはしないでしょうし。

うまく行っていれば良いですが、一度うまくいかなくなれば、とたんに冷めてしまいます。

そういうサイトは、グーグルがいずれ検索順位を落とすでしょう。そうなると、カネだけのサイトはほぼ放置決定コースです。

「閉鎖はちょっとなあ」という場合は、独自ドメインならサイト売却という手もありますので、ガンガン売り飛ばしましょう。

アフィリエイト会社(ASP)も最近サイト売買のサービスを始めているので、以前より売りやすくなっています。

(あくまでも憶測ですが、ASPがサイト売買サービスするのは、いよいよアフィリエイトがやばい予兆かも知れないです。)

超オンリーワンのコンテンツを3サイトぐらい

ダメダメのサイトやカネだけのサイトを潔く整理して、少数精鋭のサイトを3つぐらいに絞り込みます。(雑記ブログの場合は、3テーマ)

これら3つのサイトは、超オンリーワンのコンテンツにするべき。

超オンリーワンというのは、自分自身が情報ソースとなるようなコンテンツです。

本を読んでわかったような気になって記事を書くようなことではありません。

経験から基づく情報、意見、考え方、ノウハウといったようなことでしょうか。

血と汗と体臭がプンプン漂う記事が良いと思います。

初心者向けの広く浅い情報は、全部大手サイトやYoutubeにくれてやる!という意気込みで、少々マニアックで深い記事の方が個人サイトにはあっていると思います。

どうせ検索順位は大手サイトには勝てないんです。

だから、サイト名で検索してくれるような存在感を出していく必要があります。

アフィリエイトはほどほどに

アフィリエイトは発生してくれればかなり嬉しいんですけど、ITPの影響でなかなか発生しづらくなっています。

サイトの読者も、アフィリエイトリンクを敬遠している感じもします。(一概には言えませんが、広告案件の表示数に比べてクリック数が極端に少なくなっているような気もするんです。)

きっと、アフィリエイト広告がオススメされるスタイルに、読者も嫌気がさしているんでしょうね。

「結局カネ儲けかよ」

読者にはバレているんです。

それにITPの影響で、きちんとクリックの計測がされていない可能性もありますよね。

せっかく紹介したのに報酬を得られないことが、今後多くなりそうです。

ASPは「しっかり対策してるから大丈夫です」って言っていますが、本当なんでしょうか。本当のことはよくわかりません。

だからこそ、アフィリエイトを売上の柱にするのは、危険だと思います。

アフィリエイトをやるなら、ほどほどぐらいが一番良いのではないでしょうか。

(本音を言えば、アフィリエイトはすごく良い仕組みなので、ITPの影響を受けない形で存続できれば良いなあと思います。でもこればっかりは個人ではどうにもすることができません。)

アドセンスやるならAMP化する

アドセンスやると、サイト速度は遅くなります。

高速サーバに乗り換えて、ワードプレスの高速テーマに変えても、アドセンスやれば遅くなります。

プラグインを入れて対策しても、たかが知れています。

Page Speed Insightsのモバイル速度は、60〜70点ぐらいにしかならないのではないでしょうか。

これ以上のことをやろうとすると、専門的な知識が必要となります。(普通の人がやるにはかなりレベル高いです。時間もかかります。)

しかも、2021年以降グーグルは、表示速度に加えてサイトのデザインも検索順序に影響すると宣言しました。(Core Web Vitals

こうなってくると、専門的な知識の無い普通の人にはとうてい改善できません。

改善しようにも、対策マニュアルが専門用語で埋め尽くされていて、しかも英語で書かれていることがほとんど。

一番良いのはアドセンスを外すことなんですが、個人サイトにとってアドセンスの売上は貴重な収入源。

外したくても外せない、という人がほとんどでは無いでしょうか。

そういう場合は、AMP化するのが一番手っ取り早いです。

AMPに対応したアドセンスもありますし、なによりAMP化すればサイト速度が劇的に速くなります。

表示デザインやある種のトラッキングができなくなるなどの制限はありますが、専門的な知識無しで、てっとり早くこれからのグーグル基準を満たすには、AMP化が最適だと思います。

自前商品の開発&販売

2020年以降の個人ブログ運営収益モデル(理想)

最後は、自前商品の開発と販売です。

まあ、これが一番むずかしいんですけどね。

でも2020年以降のコロナ後は、ここは避けては通れない道。最重要ポイントです。

どんなサイトでも、独自商品の販売が最終ゴールになるでしょうね。

というか、アドセンスやアフィリエイトで稼げないなら、自分で商品を売るしか無いでしょ!という話です。

いち早く気づいた人たちは、サイトを有料化したり、有料のセミナーやサロン、コンサルティングをやったりしています。

その他、ソフトを売ったり、ハンドメイド品を売ったりもしていますね。ノウハウ本を作って販売する人もいます。

何かしら売れる商品を開発して販売していかない限り、ブログで食っていくのは難しいのではないかと思うわけです。

この商品販売をサイトの収益の柱にしつつ、アドセンスやアフィリエイトで売上を補完していくという仕組みを構築していくのが、2020年以降の個人サイト運営の肝ではないでしょうか。

そして、そのためにもサイト実績の分析が、今度これまで以上にすごく重要になってくるでしょうね。

つまり、自分の商品が売れるまでのコンバージョンをシビアに見ていく必要性が出てきたということです。また、商品ライフサイクルで独自商品が売れなくなってきたときの次期商品投入の見極めもシビアにならざるを得ないでしょう。

ブログを収益化するなら、管理ツールはファイルメーカーが最強

複数サイトを管理・運営するための理想的な管理ツールは何でしょうか? 私が選んだ答えはファイルメーカーです。 こちらのページで複数サイトを管理・運営するための理想のツールを考えましたが、理想をほぼ叶えて ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
broccoli_nobita

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 週刊ダディ・レポート