個人で複数ブログを運営するポイント 効率化がカギです

ブログやサイトメディア運営で収入を安定させるには、どうしたら良いでしょうか?

一番確実な方法というか王道は、なんといっても複数のブログを運営することです。

ブログを資産として考えた場合、複数ブログの運営は分散投資となります。ブログ運営にはアクセス低下のリスクがありますが、ひとつのブログのアクセスが落ちたときでも他のブログでカバーすることができるメリットがあります。その反面、管理工数が多くなり手間がかかるデメリットもあります。

複数ブログ運営のポイントは、いかに管理する手間を減らし、運営作業を効率化するかにかかっています。

そのため複数ブログ運営のメリットを享受できるのは、多くは組織体での運営となります。個人ではなかなか難しいのが現状です。

どうしたら個人でも複数ブログを運営できるのでしょうか。どんなツールを使えば効率化できるのでしょうか。

複数ブログ運営のポイントを考えていきます。

複数ブログ運営とは

Aというテーマを扱うブログ、Bというテーマを扱うブログというように、それぞれにテーマが明確になったブログを複数作って運営する方法です。

ひとつのテーマに特化しているため、コンテンツ内容がより深いものになり、読者にも専門的な情報を配信することができ、差別化にもなります。

複数ブログ運営には収入を安定させるというメリットがある反面、ブログが増えて手間がかかりすぎるというデメリットがあります。

複数ブログ運営のメリット

ポイント

  • 収益が増える
  • アクセス減をリスクヘッジ
  • 収入が安定する
  • 運営ノウハウを蓄積できる

ひとつのブログで稼げるなら、ブログを増やせば倍々ゲームで稼げるのでは?

これは誰もが思うことですよね。

実際はどうかというと、当たることもあるし、当たらないこともある、と言った感じです。

でも、大まかに考えると、ブログを複数もった方がひとつの場合よりもメリットが大きいと感じています。

複数サイト運営で得する4つの見逃せないメリット

続きを見る

複数ブログ運営のデメリット

ポイント

  • 手間がかかる
  • 収益が安定してくるには時間がかかる
  • 管理できるブログ数には上限がある
  • 数値管理が重要になってくる
  • 作業を効率化させるツール
  • 優先順位を考える必要がある

メリットがデメリットもあります。

実は、複数ブログを運営するにはメリットよりもデメリットの数の方が多く、うまくバランスを考えた上で運営していかないと、早晩行き詰まることになります。

複数ブログ運営の問題点と課題

続きを見る

単独サイトと複数サイト運営の比較

サイトがひとつしかなければ、売上をその一つのサイトのみに依存してしまうことになります。

そのサイトがある日突然、アクセス激減してしまったらどうなるのでしょうか?

あるいは、アクセスの多い検索クエリがある時を境に検索ボリュームが減ってしまうこともあります。そうなると当然アクセスが減り、収入が減ることにつながります。

突然の売上激減リスク

ある日突然アクセスが激減するなんてことはありえない?

いや、あり得ます。グーグルの検索アルゴリズムの変更で、いままで上位にヒットしていたキーワードが突然圏外に弾き飛ばされることなんて、別に特別なことじゃありませんから。

それに検索するのは人間です。人間である以上、検索する言葉も時間とともに変わっていきます。今日よく検索されたワードが、明日にはもう忘れられている、なんてことも特別なことではないのです。

あるいは、季節によって検索するワードも変わってきます。夏に、「防寒 ジャケット」なんてワードを検索する人はほとんどいません。冬に「熱中症 ビーチ」なんて人もそんなにいないでしょう。南半球にいる人で、一人や二人はいるかもしれませんが。

私のサイトだけには、そんなアクセス激減なんてことは起こらない!ということは、ありません。あなたが風邪をひくように、ある日突然アクセス激減する日はやってきます。

今まで上位に入っていた検索ワードが、ある日突然検索されなくなり、アクセス数が激減したとしましょう。例えば、今までは1日のユーザー数が千人だったのが、次の日には500人になり、1週間後に300人になり、ついには1日20人ぐらいになってしまった・・・・・・。

アクセス数が落ちれば、アドセンスもアフィリエイトにも影響します。つまりアクセス数が落ちれば、売上も落ちるということ。例えば、これまでアドセンスで毎月10万円稼げていたのに、アクセス激減で月千円ぐらいしか稼げなくなってしまった・・・・・・。

売上を激減させるリスクは無数にある

アクセスが激減して売上が壊滅する要因は、検索結果や検索ニーズ以外にも様々あります。

サーバーがダウンしたり、ワードプレスなどのCMSが壊れたり、サイトを乗っ取られたり、アドセンスのポリシー違反で広告が消えたり、アフィリエイトの広告主が広告を出すのを止めたり、などなど・・・・・・。

もう無数といっても良いほど、売上が下がるリスクがあります。

サイトの運営にはそれほどのリスクがあるのですから、リスクを分散するためにも、複数サイトを運営する必要性が出てくるのです。

単独サイト運営はリスクがある

こういった状況で、もしあなたが、ひとつのサイトだけしか運営していなかったらどうなるでしょうか。

しかも、生活をそのサイトの売上に依存していたら、どうなるでしょう。

当然、生活は成り立たなくなります。サイトのアクセスを回復させるまで貯金を切り崩して生活するか、バイトするか、職探しするしかなくなります。

ある意味、非情ですよね。あなたがひとつのサイトに生活を賭けていたとしても、情け容赦なく数字は動いていくのです。

サイトを増やして収益を安定化させる

理論的に考えれば、ひとつのサイトの売上が急減しても他のサイトの売上で補うことができれば、少なくとも生活が破綻したり、企業が倒産することはなさそうです。

それにもし運営する全てのサイトがうまく軌道に乗れば、売上は倍々で増えていくでしょう。

つまり、複数サイトを運営することによって収益を安定化させて、売上を増やすこともできるのです。

そのため、特に売上を重視する人や組織にとっては、複数サイト運営は必然と言っても良いでしょう。

でもね。

そう簡単にはいかないのです。(いって欲しいのに!)

単純にサイトを増やせば良いということでは無い

理屈は簡単。

サイトをたくさん作れば、サイトを維持するコストや時間も増えていくからです。

ここが悩ましいところなんですよね。

サイトを増やしすぎると、ひとつのサイトに費やす時間を減らさないといけません。いい気になってサイトを増やしすぎると、メンテナンスがいい加減になり、結果全てのサイトのアクセスを落とすことになりかねません。

でも、サイトの数が少ないと、リスクも分散できない・・・・・・。

悩ましいですよね。

運営サイトを増やす方法

運営できるサイトの数というのは、自ずと限界が出てきます。自分ひとりが管理できる分しか、サイトは増やせないのです。

企業であれば、担当の人数で管理できる分しかサイトは増やせないということになります。

それならどうするか?

こたえは一つだけ。

それは、できるだけ無駄を省き効率的に管理すること。

徹底的に工数を簡素化し、やるべきことを明確化して、優先度の高いものから処理していくことです。

個人での複数サイト運営に手間がかかりすぎる理由

データをチェックするのが大変!

一番手間がかかるのが、やはり種々のデータチェックです。

複数サイトを運営するには、アクセス数や売上などの数値管理は必須条件です。でも、データの出どころはそれぞれ違う場所にあります。アクセスならGoogle Analytics、アフィリエイトは各ASPといったように。

アクセスをチェックするためにGoogle Analytics行って、アドセンスのサイトに行って、アフィリエイトは各ASPのサイトに行きます。

これだけでも相当時間をロスしますよ。ページ遷移するのに時間食いますからね。

下手したらデータチェックで1日が終わる

ローカルのデータをダウンロードして管理するとしても、エクセルで数字取り込むのも一苦労。しょうがないから数字を手打ちし出したら、それだけで1日仕事になってしまいます。

これが1サイトだけなら、作業量はしれてます。

でも、5サイトとか10サイト以上になると、膨大な作業量になります。数字の手打ちなんか絶対無理。

そんな事してたら、新規記事なんてかけないし、検索順位が落ち目のワードを対策する時間も取れなくなってしまいます。

全部のサイトに目が行き届かない

管理数値をチェックするのが手間ですから、結局のところ、売上を見て終了!ということに落ち着いちゃうんですよね。

で、売上が右肩上がりで上昇している時は、気分は上々!ハッピー!俺最高!で何の問題も無いですが、一旦売上が下がりだすと、そのサイトは放置決定!ですね。

一度検索順位が変わってアクセスが激減すると、放置するのが一番の対策だったりすることもありますが、それ以外で、なんで放置決定するかというと、結局のところ全部のサイトに目が行き届かないので、売上の少ないサイトより売上の多いサイトを優先したくなるわけです。

それに、なぜ売上が下がったのか、どうすれば売上を増やせるのかを検討する材料(データ)もありません。材料を取ってくるのも手間なので、放置決定!というわけです。

当然そのサイトに費やした膨大な時間はゴミ箱行き。

ちょっともったいない話ではありませんか。

メンテしてる時間が取れない

サイトを増やすと、メンテナンスの時間が取れません。

日々何かしらのトラブルがあります。

アクセスが落ちたり、主力のワードの検索順位がいきなり圏外に飛ばされたり、アドセンスが通常の10%しかなかったり、アフィリエイトのクリック数がゼロだったり・・・・・・。

はたまた、ワードプレスのプラグインに不具合が合ったり、サーバーが落ちたり・・・・・・。

こうなると緊急で原因究明する必要が出てきます。その日に予定していたタスクも満足にこなせなくなります。

下手すると、毎日こうした緊急タスクだけを処理する羽目になります。

こうなると記事数を増やしたり、既存記事の品質を向上させたりするなど未来への投資ができなくなります。

現状維持が手一杯になってくるので、保有するすべてのサイトが徐々に落ち目に向かっていくことになります。

怖いですね。

複数ブログ運営成功は、効率化がカギ

適切な管理ツールがないという問題

これまで複数ブログを運営することは非効率そのもの、という問題がありました。

ブログ運営に必要なデータを一元管理できるツールが存在せず(あっても高額)、適切な管理手法やマニュアルのようなものもないため、膨大な作業工数が必要で手間がかかり過ぎていたのです。

そのため、ブログの状態が悪化してもなにが原因がよくわからず、そのまま放置してしまうこともよくありました。

個人では複数サイト運営は手間がかかりすぎる

続きを見る

効率化がポイントになってくる

したがって、複数ブログをうまく運営させ収入を安定させるには、いかに効率的に個々のブログを管理できるかがポイントになります。

ブログの実績データの取得や分析に費やす時間を極限までに効率化させて、空いた時間を収益アップにつながる作業(広告や記事の修正、新規記事の投稿など)に費やす必要があるのです。

ブログ運営を効率化する方法

続きを見る

複数ブログ運営を効率化するツール

ファイルメーカーが最強の理由

この問題点やいかに効率化するかという課題を解決するための手段の一つとして、このブログではファイルメーカーの活用を紹介しています。

ファイルメーカーを活用すれば、ブログ運営が劇的に効率化できることを私自身の経験を含めて紹介しています。

ブログを収益化するなら、管理ツールはファイルメーカーが最強

続きを見る

ファイルメーカーならブログを管理する手間を減らせる

これまで特に個人では、時間と作業工数の収支が合わず、ブログを増やすには限界がありました。

しかし今後は、ファイルメーカーを上手に活用して、自分仕様の管理ツールを構築することで、個人レベルでも簡単にブログを増やし収入を安定させることが可能になります。

もちろん企業レベルでも管理工数を削減することで、より多くのリソースを売上アップにつながる業務に割くことができるようになります。

ファイルメーカーなら、難しいプログラミングの知識は必要とせず、担当者が欲しいと思うデータを画面上に呼び出す事ができます。

修正などがあっても、これまでは外部業者で時間もコストも掛かっていたのが、担当者が数時間から数日で修正できてしまいます。

複数サイト運営に最適な管理ツールを考える

続きを見る

まずは、複数のブログ管理ツールを構築しよう

ブログやWEBサイトの運営・管理システムを構築するための土台となる、ブログ管理データベースを作成してみませんか?

このブログでは、ファイルメーカーを使って、基本的なブログ管理データベースを作る方法を紹介しています。

この動画では、必要最低限のフィールドに絞っていますので、誰でも簡単にブログ管理の基本的なシステムを構築することができます。

一度このシステムを作ってしまえば、後から好きな項目を自由に追加できるようになります。

また、将来的にアクセス管理や記事管理などといった拡張にも対応できるような設計なので、これから複数ブログ管理をしていきたい方にも最適です。

プログラミングの知識は不要です。初心者でも簡単に構築できます。

オススメ
シンプルなサイト管理システムを作ろう!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 複数ブログ運営講座