複数サイト管理のツールをファイルメーカーに変えてよかったこと

ファイルメーカーを複数サイト管理のツールとして使い始めてから、すでに4年以上が経ちました。

昔使っていたエクセルの管理ファイル、まだPC内に保存してありますが、今あらためて見返してみると、よくこんな非効率なのに使ってたなと思ってしまうほどです。

ファイルメーカーを複数サイト管理ツールとしてガンガン使っている今からすれば、もうエクセルには戻れません。

ファイルメーカーで十分満足です。というか、どんどん使いやすいように進化させています。もう自分の手足みたいなもので、ファイルメーカーなしでは、仕事にならないぐらいです。

複数サイトの運営管理ツールとして、エクセルからファイルメーカーに変えて4年たった今、ファイルメーカーにしてよかったことをまとめてみることにしました。

ファイルメーカーにして良かったこと ベスト5

ポイント

  1. 効率アップになった
  2. アクセスと広告実績と検索クエリを関連できるようになった
  3. ノウハウを活用できるようになった
  4. 記事の管理が簡単になった

エクセルからファイルメーカーに変えてみて良かったことを、思いつくままに5件ほど挙げてみました。

細かく言えば、良かった点はまだまだあります。マニアックになりすぎて、おそらく誰も読まないと思うので、上記5件にぎゅぎゅっと濃縮することにしました。

もしご自身でファイルメーカーを活用していけば、きっと他にも良い点が見えてくるはずです。ファイルメーカーは、それほど複数サイトの管理ツールとして適しているソフトだと思います。

個人でのファイルメーカーの導入メリットについては、「一人起業に必須ツール「ファイルメーカー」の魅力」の記事を参照ください。

NO.1 効率アップになった

ファイルメーカーに変更して、一番良かったとヒシヒシと思うことは、仕事の効率アップにつながったことです。

私の場合は、日別と月別で所有サイトのアクセス実績、アドセンス実績、ASP実績、検索クエリ実績を主に確認するようにしています。

数値チェックの頻度

複数サイト運営の数値チェックって毎日していますか? それとも週ごと? あるいは、月ごと? このページでは、複数サイト運営の数値チェックの頻度について書いています。 目次1 毎日チェックするのが理想2 ...

続きを見る

そのため、毎朝の日課として上記の実績は欠かさずチェックするようにしています。これらの実績数値を見て、どんな改善や修正を行うべきか、自分のやるべき方向性は間違っていなかったかを判断するようにしているんです。だから、これらの数値を見ないと仕事が始まらないぐらいです。

エクセルで管理していたころは、これらの数値を細かくチェックすることは時間的に無理でした。

適当に大雑把な数値を見るだけです。

たとえば、アクセスだったら、ユーザー数だけ。ASPだったら、発生金額だけといった感じです。それらをメモ代わりにエクセルに記入して終わり。

検索クエリだったら、GRC回して検索順位さがってなければOKみたいな感じ。

それでもエクセルでやっていたころは、毎朝30分〜1時間弱はかかっていました。

ところが、今。

ファイルメーカーで自分なりの仕組みができてからは、以前よりも緻密なデータを分析できるのに関わらず、時間も大幅に短縮できて、30分以内に余裕でチェックできます。

なぜこんなことができるかというと、ボタンをクリックすれば、一気にデータを取り込めるようにしているというが大きいです。

各項目ごとにインポート

以前は、Google AnalyticsやらAdsenseやらASPやらのWEBサイトをわざわざ見に行っていたんですが、今はもうすべてのデータはクリック一発で済みます。しかも取り込んだデータは、自動で即グラフ化。

ユーザー実績

グラフでサイトの状態がわかるので、今の状態が良いのか悪いのかが一瞬で判断できるんです。

問題があれば、これも1クリックで、問題ある記事ページなんかはどんどんタスク化して、あとからまとめて修正。

TODO化ボタン

だからこそ、仕事がめちゃくちゃ効率化するんです。

簡単に仕事の鬼になれます。

NO.2 アクセスと広告実績と検索クエリを関連できるようになった

エクセルで管理していたころは、把握できる数字大雑把すぎて何をどう改善したら良いかが、まったく見えてきませんでした。

ファイルメーカーに変えてからは、ページ単位や検索クエリ単位、アフィリエイト広告単位で実績値を取得し、しかも相互に関連させているので、何が問題なのか把握しやすくなりました。

タブコントロール機能

NO.3 ノウハウを活用できるようになった

修正履歴の検証

ファイルメーカーのデータベース機能をフルに活用?したのが、修正効果の検証です。

私の場合は、記事を修正した場合、「いつ」「どのページで」「どんな修正内容か」を記録しています。

この記録を日々のページごとのアクセスデータと結びつけています。

そのため、どの修正が効果があったのか、あるいは修正しても意味がなかったのか、ということがすぐに分かります。

もし効果があれば、すぐさま他の記事や他のサイトにも横展開をするようにしています。

NO.4 記事の管理が簡単になった

記事管理システム

当サイトの記事管理システム(一部)

ファイルメーカーにして便利だと実感する点としては、記事管理システムを作ったことです。

所有サイトの記事を一覧で把握できるので、重複記事がないかのチェックなど記事単位の整備に非常に役に立ちます。

またワンクリックで、該当ページにアクセスできたり、内部リンク追加用のタグをコピーしたり、記事ページの詳細データ(アクセスや修正履歴など)にアクセスすることもできます。

さらに、AMP化されている記事は色で分けてるので、どのページがAMP化されてるのか、AMP化されてアクセスどう変わったのかということも簡単に把握できます。

NO.5 タスク管理がやりやすい

細かくTODO化する

5番目は、タスク管理が物凄くやりやすくなったことです。

様々な試行錯誤を経てきましたが、今ではほぼ計画どおりに仕事ができるようになりました。

これはやっぱり自分のやりやすいように、管理しやすいようにタスク管理を進化させることができたからだと思います。

タスク管理というと、TODOリストのアプリとかいろいろありますが、結局どれも使えないんですよ。

なぜかというと、アプリの設計思想と私の仕事のやり方が完全に違うから。

私の場合は、まず実績数値を見てから、修正すべき箇所をピックアップしてタスク化します。そのタスクデータは、記事ページのデータベースと直結していたり、その記事に掲載している広告案件のデータベースや検索クエリのデータと関連付けています。

ファイルメーカーにして不満足な点

ポイント

  • 自分で仕組みを考えるのが面倒
  • 変更する時間が足りない

ファイルメーカーに変えてすごく便利になった反面、不便な点もあります。

それはやはり自分で仕組みを考えて、実際に組み立てる必要があるということです。

とはいえ、ファイルメーカーを作るのは、レゴで遊んでいるみたいにすごく楽しいんですが、それなりに時間も取られてしまうんですよね。

私としても複数サイト運営で生活もかかっていますので、あまり開発ばかりに時間を取られるわけには行きません。

ファイルメーカーの仕組みを開発しても、1円にもなりませんからね。

そんな時間があれば、1ページでも多く記事を書きたいですし、1件でもアフィリエイトの発生が増えるようにしたい、というのが本音です。

とは言いつつも、ファイルメーカーの仕組みができれば、仕事内容が劇的に効率アップするのはわかっているので、開発を優先するか売上を優先するか、いつも葛藤しています。

ファイルメーカーにしたら売上は増えるか?

売上アップに貢献

で、実際のところ、エクセルからファイルメーカーにしたら、売上やアクセスは右肩上がりに増えていくのでしょうか?

ファイルメーカーはあくまで管理ツールなので、エクセルからファイルメーカーに変えたからといって、かならずしも売上がアップするとは限りません。

ただし、サイトの数値を分析し、さまざまなノウハウを生かしていくことで、売上やアクセスアップには、確実に貢献していくと感じます。

私もエクセルからファイルメーカーに変更してから、右肩上がりに順調にアクセルが伸び、売上も伸びていきました。

ただし、現在はグーグルコアアップデートの影響をモロかぶりし、ほぼ全サイトでアクセスが激減し、売上もITPと新型コロナのダブルパンチで急降下です。

真価を発揮するのは、売上が落ちたとき

作業記録

とはいえ、私からすると、ファイルメーカーが強いのは、売上が落ちたときの分析にあると思います。

売上が下がったときに考えるのは、原因はなにかを突き止めること。

そして次に、どんな対策をとるべきか?を考えることです。

ファイルメーカーを使えば、データやノウハウは、これまでにかなり蓄積されています。

これらの情報を生かして原因を分析し、自分の解決手段を決めることができます。

データに基づいて、何をしたらよいかがわかる

ありがちな話ですが、グーグルのコアアップデートの影響で、これまで好調だったメインのサイトのアクセスが激減したとします。同時に、アドセンスやアフィリエイトの発生も落ち始めました。

どうしたら良いでしょうか?

記事の見直しでしょうか? でも、すでに500記事以上も投入しているので、どれから手を付けたら良いかわかりません。

それに、最近の検索順位はアップダウンも激しいし、順位ぎめはグーグルが独断で決めているので(システムで公平性を保っているという)、いくら良質な記事を作ったからと言って、かならずしも順位が上がるわけでもありません。

ではどうしたら、アクセスを上げることができるのか。

検索順位が激減したキーワードを改善したら良いのか、それとも他のキーワードにずらしたほうがよいのか、それとも検索エンジンからの流入は捨てたほうが良いのか。

実はこれといった改善方法は、サイトの性格によって違います。

サイトによっては、新規記事をどんどん増やしていって方が良いこともありますし、サイトによってはターゲットの検索クエリを見直した方が良いばあいもあります。

これを試行錯誤しながら、データに基づいて、どうしたらベストか判断できる。これがファイルメーカーの最大の強みだと思います。

まずは、複数のサイト管理ツールを構築しよう

ブログやWEBサイトの運営・管理システムを構築するための土台となる、サイト管理データベースを作成してみませんか?

このブログでは、ファイルメーカーを使って、基本的なサイト管理データベースを作る方法を紹介しています。

この動画では、必要最低限のフィールドに絞っていますので、誰でも簡単にサイト管理の基本的なシステムを構築することができます。

一度このシステムを作ってしまえば、後から好きな項目を自由に追加できるようになります。

また、将来的にアクセス管理や記事管理などといった拡張にも対応できるような設計なので、これから複数サイト管理をしていきたい方にも最適です。

プログラミングの知識は不要です。初心者でも簡単に構築できます。

オススメ
シンプルなサイト管理システムを作ろう!

【複数ブログ運営は、まずはここから!】 ファイルメーカーで、ものすごくシンプルなブログ管理ツールを作る講座です。 複数ブログを運営されている方やブログ管理ツールを探している方におすすめです。 ステップ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

broccoli_nobita

ファイルメーカーを使って、しっかりブログで稼げるシステムづくりを日夜研究しています。初心者でも簡単に自分仕様にカスタマイズできるように解説します。

© 2020 複数ブログ運営講座